サイトのコンテンツを考える

MENU

サイトのコンテンツと構成を考える(重要)

 

サイトに載せるコンテンツの基本はユーザーが知りたい情報というのが基本です。

 

 

サイトコンテンツ

 

 

紹介する商品をがサプリメントだった場合、その商品を詳しく説明しているページ、

 

効果、副作用、口コミ、体験談などのページを

 

ターゲットに合わせて作り上げていく必要があります。

 

 

 

こちらのページで少し触れていますが、メインページや商品紹介ページを含め、

 

10ページ以上で構成されているサイトが理想です。

 

 

 

ですが無駄にページ数の多いサイトを作っても仕方がないので、

 

全く思いつかなければページ数が少なくてもその分内容が充実していれば良いと思います。

 

 

 

どのようなコンテンツを作るか迷ったときはこのように

 

UNIT SEARCH / Yahoo! JAPAN 関連検索ワードサーチで商品名を打ち込み、

 

(この画像はプラセンタつぶ5000という商品名)表示された複合キーワードの内容を

 

記事にしてコンテンツを作り上げるというのもアリです。

 

 

 

プラセンタ5

 

これを参考にすれば

 

・プラセンタつぶ5000について(メインページ)・・・商品説明
・プラセンタつぶ5000の効果は?
・プラセンタつぶ5000の体験談【実際に使ってみました!】
・プラセンタつぶ5000の口コミ集めました!
・プラセンタつぶ5000の副作用について
・プラセンタつぶ5000を愛用している芸能人
・プラセンタつぶ5000はニキビに効果絶大?
・プラセンタとは?
・プラセンタの種類
・その他プラセンタ商品の比較

 

など、検索需要があるキーワードを含んだコンテンツ案が割と簡単に見つかります♪

 

Q&Aサイトを参考にする

 

ほかにもQ&Aサイトからコンテンツ案を探し出す方法もあります。

 

Q&Aサイトとは様々なテーマの質問、疑問の回答をみんなで共有しているサイトです。

 

 

 

代表的なサイトはいくつかあります。

 

 

Yahoo!知恵袋

 

教えて!goo

 

OKWave

 

 

上記のQ&Aサイトの検索窓にキーワードを打ち込むと

 

そのキーワードに関する質問やその回答が出てきますので

 

ユーザーにとって有益な情報を集められます。

 

 

知恵袋1

 

 

とくにベストアンサーに選ばれている回答は

 

かなり詳しい人によって書かれたものも多く、とても参考になります。

 

 

知恵袋2

 

 

需要のある質問の回答を書いていくだけでコンテンツは出来ますが

 

そのままコピーして載せるのではなく、必ず自分の言葉と文章に書き直して

 

オリジナルのコンテンツを作り上げてくださいね☆

 

体験談・・・そして自己アフィリ

 

コンテンツの中でも体験談は効果がとても高いです。

 

 

 

A8.netでいうと、セルフバック本人申し込み可の商品であれば積極的に商品を購入し、

 

写真もしくは動画を撮って体験談を載せれば、自分だけのコンテンツが完成しますし

 

自分や商品に対しての安心感や信頼感が増し、商品購入率も上がります。

 

 

商品もお得に試せて一石二鳥ですので是非試してみてください。

 

 

 

※セルフバックや本人申し込み可の商品は、自分のアフィリエイトリンク経由で商品を

 

購入した場合、そのプログラムに定められた報酬を得ることができます。

 

 

自己アフィリともいわれています。

 

中には報酬率100%以上のものもありますので積極的にそのような商品を自己アフィリして

 

ネットで稼ぐ(報酬を得る)ということを実感をすることも大切だと思います★

 

参考にする記事もネット上以外のものからのほうが効果的

 

話はコンテンツに戻り、案が決まれば記事の内容を考えなければなりません。

 

 

 

先ほども書きましたがこれはほかのライバルサイトや広告主のセールスページから

 

情報を参考にする程度なら全然良いですが、そのままの文章をコピペすることは出来ません。

 

 

 

そのままの文章を書くのではなくリライトする必要があります。

 

 

 

リライトとは、参考にする文章を書き直すこと、です。

 

要は誰かの記事を参考にしたとしてもそのまま書き写すのではなく、

 

自分の言葉にして書き換えることがサイトを作るうえで必要なのです。

 

 

 

ちなみにアフィリエイターいわれる人たちは情報収集能力に優れています。

 

ネット上の情報は特にです。

 

 

 

ですのでネット上にある情報ばかりをリライトして載せていると

 

ほかのサイトと書いている内容が似てしまい、

 

ユーザーにとって面白くないサイトになってしまいます。

 

 

 

コンテンツ記事の参考にする媒体はパソコンで調べられるものばかりではなく、

 

雑誌や書籍やテレビ番組からも探すのがベストだと思います(^^)☆

 

 

 

そうすることによりほかのサイトにはない独自コンテンツがたくさん出来、

 

自分のサイトにオリジナリティが増していきます。

 

 

 

ぜひオリジナルのコンテンツ作成を心掛けてみて下さい!

 

 

オススメの電子書籍が今だけ無料で手に入ります!

アフィリエイトで成功できるか!?

起業診断テスト(5400円→期間限定無料)でわかる!

53点以上とれればかなり期待大です!!!

>>こちらからテストを受ける&特典がいろいろもらえます


スポンサードリンク


data-ad-client="ca-pub-1497997079131403"
data-ad-slot="5509350981">


サイトのコンテンツを考える記事一覧

コンテンツ案を決めていくのと同時にサイト全体の構成も考えていきます。サイト構成は、ユーザーが知りたいと思っている情報があるページに迷わず2クリック以内にたどり着けるようになっていることが理想的です。そのためには『トップページ』、『カテゴリページ』、『サブページ』という3階層、もしくは『トップページ』、『サブページ』の2階層構成にすることが基本です。ちなみにサイトの構成を考える場合、『コンテンツの決...